ORACLE MANIAC

ORACLE技を研究中...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Oracle Green IT Forum 2008

Oracle Green IT Forum 2008
に行ってきました。

http://www.oracle.co.jp/events/tk080806_2/index.html

ベルサール八重洲はきれいでいいところです。
日本橋駅から直結しています。

無料のためか、寝ている人も多かったです。


内容は、
■IT基盤効率化によるグリーンIT戦略
■ビジネス視点のITでグリーンITを考える
■肥大化するデータの効率管理からグリーンITに対処する!

一部でもてはやされているグリーンITですが、
『グリーンIT⇔コスト削減』

というところにいきつくようです。


では、Oracleが提供しているテクノロジーとどう関係しているのかというと
■データ圧縮による省ストレージ
■パーティショニングによる情報ライフサイクル管理
■ASMによるストレージ仮想化

主にデータウェアハウス環境においてデータベースのサイズが大きすぎて問題になるようです。
・Yahoo 250TB
・NASDAQ 40TB(→圧縮後15TB)


データを圧縮したらレスポンスに影響があるのではないかと思われるかもしれませんが、
圧縮した分I/Oがかなり減るのでむしろ速度は速くなります。
(OLTP系はそうでもないかも)

デモンストレーション等もあってなかなか面白かったです。



『ORACLE』のロゴが入ったエコバッグをもらいました。
誰が使うねん!

↓この本の著者、栗原氏も講演されていました。
グリーンIT コスト削減と温暖化対策を両立するIT効率化の戦略グリーンIT コスト削減と温暖化対策を両立するIT効率化の戦略
(2008/06/28)
栗原 潔

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/08/10(日) 10:25:16|
  2. ORACLE

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。