ORACLE MANIAC

ORACLE技を研究中...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バインドピーク(_optim_peek_user_binds)の設定 bind peek ORACLE

バインドピークの設定は隠しパラメータであり、パラメータ名は
_optim_peek_user_binds
である。

その確認は

select i.ksppinm , v.ksppstvl
from x$ksppi i, x$ksppcv v
where i.indx = v.indx
and i.ksppinm like '%_optim_peek_user_binds%';

昔はこの値をfalseにして実行計画の変動を抑えるのが常套手段だったが
11gからはむしろtrueのほうがよいと思う。

というのは変数の値によって、実行計画を複数保持できるようになったからである。
※以前は1つSQLに対し1つの実行計画しか保持できなかった。

スポンサーサイト

テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/01/31(日) 16:48:18|
  2. ORACLE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stiffshoulder.blog102.fc2.com/tb.php/121-2b1b1883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。